多分世界で一番有名なアイデアの本

On 2010年12月5日, in ブログ, by nakamura
この記事の所要時間: 144

「アイデア」に関して書かれた本は沢山ありますが、これから紹介する本は、その中でも長く愛された書籍だと思われます。

「アイデアの作り方」ジェームス・W・ヤング(初版 1988年 )

アイデアのつくり方
アイデアのつくり方

posted with amazlet at 11.04.06

ジェームス W.ヤング
阪急コミュニケーションズ
売り上げランキング: 286

[楽天ブックス]【送料無料】アイデアのつくり方

手に取ると分かりますが、この本は小さめで薄く、文字も大きめで書いてあり時間かからず読めてしまいます。

しかしながら、「アイデア」に対する基本的な考え方と、それを産み出す具体的なステップがシンプルに分かりやすく簡潔に書いてあります。

帯には「60分で読めるけれど一生あなたを離さない本」と書かれてありますが、まさにそう思います。

この本の中でヤングは「アイデアとは既存の要素の新しい組み合わせ以外の何物でもない」と書いています。

「アイデア」、というと何か無からまったく新しい事を思いつかなければいけないように思いますが、実は今までにある要素の新しい組み合わせ、なのです。

この「アイデア」についての定義、考え方はこれから僕のブログでアイデアや発想法について伝えていく際のベースとなる考えになります。

今まで何度も述べてきましたが、エンタテイメントの分野で特にその企画に関わる人には「アイデア」を産み出す事が求められます。

「アイデアを産み出す」ための原理と方法について書かれたこの書籍は、もし読んだことがなければ一度読んでおくべきかと思います。

お勧めです。


書籍や参考になるもの(サイトの情報他)については、今後も厳選をしてご紹介してきたいと思います。

こちらもあわせてどうぞ

[`tweetmeme` not found]
Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 多分世界で一番有名なアイデアの本
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Bookmark this on FC2 Bookmark

1 Tweet

コメント(1): 多分世界で一番有名なアイデアの本

  1. takashi0nakamur より:

    プロデューサー生の知恵ブログから過去記事紹介です:「多分世界で一番有名なアイデアの本」 http://bit.ly/fTSYhW #gpblog

    This comment was originally posted on Twitter

      More from author

takashi0nakamur にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

Additional comments powered byBackType